株式会社きらきらTOP > 企業理念

企業理念
きらきらは、だれもが安心して暮らせる地域社会をめざし、
共にきらきらと輝く人生を送れるように地域福祉の発展に貢献する。
基本方針



行動規範

ごあいさつ

株式会社きらきらの代表取締役社長を務めております、溝口伸之と申します。
私自身、筋ジストロフィーという障がいを持って生まれ、病状は進行しています。今では身の回りのことはほとんどを自力ではできません。しかし、たくさんの優しさに支えられながらここまで生きてきました。
その恩返しに何か社会の役に立ちたいと思い、介護サービス事業に取り組んでいます。

関わる全ての人達に幸せな人生を

私たちの願いは、障がいを持つ人も、そのサポートをする人も、すべての人に一人の人間として豊かで幸福な人生を送っていただきたいということです。
どんな障がいを持つ方でも、地域で生き生きと幸せに暮らすことができます。
そして人間は障がいを持っていても持っていなくても、一人では生きていくことはできません。誰もが支え合って生きています。
また、それが当たり前の社会であって欲しいと思っています。

働くスタッフの安定、安心が高度なサービスへ

当社では、情熱を持った正社員を多く採用しています。
そのことが、多様化する利用者のニーズへの対応と、365日24時間のスタッフ派遣の実現を可能にしています。
また、所得も安定し、継続的に働けるということが仕事への誇りと自信を生み、よりよい職場づくりにつながっていきます。
それが、私たちが提供するサービスの質を向上させるのです。

プロ意識には高い目標意識が不可欠

質の高いサービスを提供するには、スタッフ個々人の質の向上が求められます。
そこで、感性豊かな人材を育成するために、教育システムを構築しています。
昨今、社会問題化している福祉の現場で、スタッフ一丸となって高い目標を掲げ、積極的に仕事に取り組んでいきたいと思っています。

社会環境がどのように変わったとしても、私たちの「目指すもの」と「願い」に変わりはありません。私もスタッフもまだまだ若いですが、その志を忘れることなく、情熱を持って前進していく所存です。

代表取締役 溝口伸之