株式会社きらきらTOP > 溝口社長談「介護事業のきっかけと道のり」

ホームヘルパー2級養成講座
自ら障がいを持って生まれ、それゆえに起業した訪問介護事業。
弊社代表取締役社長・溝口伸之がこれまでたどった道のり、会社設立のきっかけ、そして今後の目標について。
  • 仲間の死と、遺族の悲しみ。 「自分は何ができるのか?」
  • 生まれて初めての挫折。 大阪で受けたカルチャーショック。
  • 社会の中で生きたい! 模索の日々を経て、一人暮らしへ。
  • 会社設立のきっかけは、 支えてくれた人たちへの恩返し。
  • 自分自身が幸せでなければ、 人を幸せにすることはできない。
  • 「総合福祉企業」を目指し、 生き続けている限り挑戦する。
生まれて初めての挫折。 大阪で受けたカルチャーショック。
院内新聞「逢飛夢」会議の様子
院内新聞「逢飛夢」会議の様子

 私は病院に戻ることになりました。このときに生まれて初めて、自分の身体をうらめしく思いました。私のやりたいことは「大学や専門学校に進学し、そして働く」という、そんな何気ないことです。それが介護者がいないということだけで叶えられない。「努力さえすれば何だってできると思っていたのに、どうしようもできない。それがこんなにも苦しく悲しいことなのか。生まれて初めての挫折で、自分自身に絶望し、生きる気力を失ってしまいました。当時友人から「目が死んでる」と言われたことさえありました。

 立ち直るきっかけがあったのは、それから一年後。筋ジストロフィーの同級生が亡くなったときでした。がんばっていた彼のことを思い出しながら、「今、俺はがんばってるのか」と自分自身に問いかけてみたとき、「もしかしたらがんばりが足りなったのかもしれない。だとしたら、俺にはまだがんばる余地があるんだ」と思いました。それと同時に、亡くなった母にも申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。そのときに、「自分自身の試練と思って、もう一回だけがんばってみよう。今あることを全部受け止めて、やれることをやってみよう」と、そういう気持ちになれたのです。

 病院での院内新聞「逢飛夢」を編集し始めたのはその頃です。病院の仲間とグループを作り、新聞の編集、発行に奔走し、それなりに充実していました。けれど、そのはずなのに、なぜかふと空しくなり、満たされない気持ちになるのです。そのときに、「ああ、やっぱり自分の思いを捨てきれていないんだ。社会の中で自分の力を試したいんだと思いました。しかし、社会環境は整っておらず、その思いをどうやって達成していけるかわからないまま、時間だけが流れていきました。

 そんなあるとき、社会福祉協議会に勤めていた知り合いから、「大阪は自立している障がい者が多い。一緒に大阪に行ってみないか」と誘われ、行ってみることにしました。その大阪で、大きなカルチャーショックを受けたのです。確かに自立している人も多く、環境も整っていましたが、何よりもショックを受けたのが、お会いした障がい者の方からの「やりたいと本当に思っているなら、どこだってできるよ。大阪に来ればいいし、そうじゃなくてもできるだろう」という言葉。とてもショックでした。大阪のそうした文化は大阪の人たちが切り拓き、道を作ってきたわけです。そのとき痛感したのは、どんなに理想や希望を言ったところで、「行動なき言葉は戯言に過ぎない」ということ。そして、何かが私の中で弾けました。それが24歳のときです。

前のページへ次のページへ