株式会社きらきらTOP > 溝口社長談「介護事業のきっかけと道のり」

ホームヘルパー2級養成講座
自ら障がいを持って生まれ、それゆえに起業した訪問介護事業。
弊社代表取締役社長・溝口伸之がこれまでたどった道のり、会社設立のきっかけ、そして今後の目標について。
  • 仲間の死と、遺族の悲しみ。 「自分は何ができるのか?」
  • 生まれて初めての挫折。 大阪で受けたカルチャーショック。
  • 社会の中で生きたい! 模索の日々を経て、一人暮らしへ。
  • 会社設立のきっかけは、 支えてくれた人たちへの恩返し。
  • 自分自身が幸せでなければ、 人を幸せにすることはできない。
  • 「総合福祉企業」を目指し、 生き続けている限り挑戦する。
ホームヘルパー2級養成講座 ホームヘルパー2級養成講座 ホームヘルパー2級養成講座
溝口社長プロフィール:溝口 伸之 (みぞぐち のぶゆき)
株式会社きらきら代表取締役社長。1973年、福岡県粕屋郡志免町生まれ。脊髄性筋萎縮症という難病を持ちながら、30歳のときに起業。福岡チャレンジドネットワーク理事長、福岡市障がい者生活支援事業所連絡会事務局長、福岡市障害者総合支援法を見直す会代表世話人、日本筋ジストロフィー協会福岡県支部役員、福岡市保健福祉審議会障がい者保健福祉専門分科会委員など、社外でも多くの役職を務める。